大好きな画集の実績

長女のゼロ歳の生まれに、友だちから画集のギフトをいただきました。「ゼロ歳の生まれ、生だから」という一言を添えて。その一言が素敵で、そうしてとっても嬉しかったのを覚えています。
コーポレイトシステムの後輩の子どもが、6月19太陽にゼロ歳の生まれを迎えます。いただいた画集のことを思い出して、私も画集をプレゼントしようかと思いました。長女と相談して、『もこもこもこ』(谷川俊太郎作品)をプレゼントすることにして、一気に買ってきました。
『もこもこもこ』は私も長女も大のお気に入りの本で、耳に留まるシンプルな音色って、その音色にマッチングした空論をくすぐるような方式が大層いえません。ほっこらして来る。長女が小さい時には、何度も読み聞かせ、どうしても、逆に長女に読んでもらっていました。語彙は読めないはずなのに、暗記してしまったのですね。あの位の長女は、そういった意味不明な本を見て、いかなる現代を想像していたのでしょうか。
こうした思い出深い『もこもこもこ』を本棚から探そうとしても見つかりません。長女に「『もこもこもこ』はもって無いよ」と仰るまで、てっきり持ち家におけるものだと思い込んでいました。そう!図書館から何回も借りてきたんだっけ!
つい、手元に置いて置きたくなりました。後日、書店に行ったら、うちの取り分も買っちゃおうかな!顔脱毛